ヘアサロンについて

>

その人に合うヘアスタイルを提案してくれる

キッズルームがない事

ヘアサロンとの大きな違いの中で特徴的な物と言えば、キッズルームがない事だと思います。
地域によっては、美容室にキッズルームが設置されている所もあるかもしれません。
しかし、ほとんどは見た事がないと思います。

その理由についてですが、ヘアサロンは近年化が大きく影響した事もありどちらかと言えば若い人向けやお洒落な感じの人向けな事が多いような気がします。
美容室は、その点昔から存在している事が多く、昔は美容室で着物の着付けやメイクをしたりしていたそうです。
その為、美容室に通う世代の多くは年齢が高めな方が多いと思います。
昔は、子供が来るような場所ではないと言う教育がなされていた事もあって今でも子供の利用は少ないそうです。

使用している薬剤が子供には良くない為

子供でもお洒落な子は、パーマやカラーリングをしている事が多いです。
小さい内から親と一緒に髪を整える子も今では珍しくありません。
それに、子供の髪は大人と違って柔らかくサラサラしている事が多いので切るだけで十分なのです。

美容室では様々なパーマの種類があり、それを目当てに来店する人が多いです。
パーマをかける為には、髪に特殊な薬剤を使用しないとパーマはかかりません。
薬剤は、大人向きに作られている事が多く、成長途中である子供が使用する事により、頭皮や髪に何らかの影響を与えてしまう可能性がある為子供の利用が少ない理由の一つになっていると思います。
あとは、料金プランが子供向きの物がない事も大きく関係していると思います。


このコラムをシェアする