ヘアサロンについて

>

男女共に入りやすい雰囲気になっています

ネットの利用が出来ない所もある

今ではネットでカットの予約をするのが当たり前になっていますが、中にはまだネットを利用したサービスを展開している美容室は少ないような気がします。
特に、地方やあまり人が少ない地域にある美容室は今でも昔ながらの方法で集客をしている所もあると思います。
ヘアサロンとの違いはデジタル化の有無についても言えると思います。

中にはネットのアプリサービスを利用して、ヘアサロンと同じようなサービス内容を提供している美容室も多くなってはきましたが、まだ完全にデジタル化していないのです。
その理由の一つとして、利用者の年代も関係しています。
美容室を昔から利用している人も多く、通っている人の多くは年齢が高めです。
スマホや携帯からの予約や操作があまり分からない人が多いと言う事も影響していると思います。

ヘアスタイルやヘアケアの提案が少ない

ヘアサロンとのサービス内容の中でも、美容室ではあまりヘアスタイルやヘアケアについての提案やアドバイスはあまり積極的に行ってはいないような気がします。
あくまで、髪の悩みについて相談されたらアドバイスをすると言う受け身の姿勢の方が目立つと思います。
それに、置いてある雑誌もヘアに関する物はヘアサロンとは違って少ないと思います。

美容室でもシャンプーは独自の物を使用している所もあると思いますが、シャンプーの説明をしないで髪を洗ってしまう事が多いです。
ヘアケア商品も置いてある所と全然ない所が多くヘアに関する説明もあまりない美容室があり、商品に関してもあまり進めない所がほとんどだと思います。
それに、飲み物のサービスもない所が多いのではないでしょうか?


このコラムをシェアする