ヘアサロンについて

>

ヘアセットのみでの利用もOK!

取得している免許の違い

ヘアサロンと美容室の違いの中でも美容師さんが持っている資格免許によっての違いもあると思います。
根本的に髪を綺麗にする資格は同じなのですが、そのサービスの中でも資格がないと出来ない美容のサービスもあったりするのです。
ヘアサロンでは、女性でも男性でも顔の毛を処理している姿と言うのは見かけない事が多いです。
ですが、美容室では顔のうぶ毛を処理する事は出来るのです。

毛の生え方や硬さも人によって違いがあります。
その為、剃り方もその人に合う方法で行うしかありません。顔そりやパーマの種類によっても、美容室でしか出来ない事もあるようで、この事を含めて髪を切りたいのであれば美容室向けの免許や資格が必要になります。
逆にヘアメイクに関する事を中心として行いたいと考えているのであればヘアサロン向けの免許を取得するようになります。

経営スタイルの違いがある

ヘアサロンに勤めている人の多くは、提携している美容学校の卒業生の場合が多いそうです。
その為、チェーン店のようにいろんな場所にヘアサロンが多いと、卒業生を優先して就職させる事があります。
逆に美容室は、家族経営や個人経営をしている事が多く提携している美容学校もない場合が多い為、通常の求人情報誌に求人を出したりしてスタッフを確保しています。

家族経営は、家族の中で美容専門学校に行ってるのであれば、外部からスタッフを入れる必要はありません。
個人経営だと、勤務体系もヘアサロンとは違い、あまりしっかりとした福利厚生がない場合が多く不安な面もある為募集が少ないと言う点もあると思います。
経営スタイルの違いや立地条件によってもスタッフの人数に差が出ると思います。


このコラムをシェアする